社史・沿革

1970年~1980年

1972年09月 千葉県八千代市に当社を設立。自動巻線機の製造販売を開始。
1974年04月 埼玉県浦和市(現:さいたま市)に本社および事業所を移転。
1978年09月 国産初の5段式自動巻線機#130ATの開発により業績が飛躍的に伸びる。

1980年~1990年

1980年12月 福島県伊達郡飯野町に福島工場(現:福島事業所)を設置。
1981年03月 フライヤー方式CNC制御全自動巻線機#132-ARを開発、データ設定が実際数値でプログラムできる最新鋭機として注目を浴びる。
1982年04月 スピンドル方式CNC12軸自動巻線機NSシリーズを開発。完成。これにより、フライヤー、スピンドル両方式の製造技術を有する世界に類のないコイル巻線機専門メーカーとして、不動の地位を確立。
1983年10月 大阪に大阪営業所を開設。
1984年05月 長野県上田市に長野営業所を開設。
1986年03月 コイル巻線機自動化システムに対し、財団法人機械振興協会より第16回中小企業向け自動化機械開発賞を受賞。
1987年05月
従来に比べ大幅なコストダウンおよびコンパクト化、作業効率アップを実現した画期的なANシリーズの開発、販売により事業基盤がさらに強化。
ANシリーズ

1987年06月
米国メリーランド州ボルチモア市に、合弁会社NECOA社を設立。
合弁会社NECOA社

1988年02月
治具搬送システムを開発、コイル巻線の自動化適応範囲を大幅に拡大。
治具搬送システム

1989年01月 株式を日本証券業協会の店頭売買銘柄として登録。
1989年05月 愛知県名古屋市に名古屋営業所(現:西日本営業部 名古屋支店)を開設。
1989年10月
シンガポールにシンガポール支店を開設。
シンガポール支店

ページの先頭に戻る

1990年~2000年

1990年04月 米国NECOA社に資本参加し、子会社とする。
(現:連結子会社 NITTOKU AMERICA INC.)
1991年03月 埼玉県さいたま市(現住所)に浦和工場(現:浦和事業所)を新設。
1991年12月
福島県伊達郡飯野町(現住所)に基幹工場として福島工場 (現:福島事業所)を新設。
福島事業所

1992年07月 世界初の画期的FAコントローラおよび次世代巻線機を開発。
1993年04月 スイス・ジュネーブに現地法人NITTOKU(EUROPE)S.A. を設立。(現:日特エンジニアリング株式会社チェコ支店)。
1993年12月
香港に現地法人日特香港有限公司(現:連結子会社)を設立。
現地法人日特香港有限公司(現:連結子会社)

1994年04月 台湾台北市に台湾支店を設立。
1996年07月 タイに現地法人S.S. NITTOKU CO., LTD.(現:連結子会社NITTOKU(THAILAND)CO., LTD. )を設立。
1998年02月
高速巻線時にも安定したテンション値を得ることができる、画期的なサーボモーターテンション“STAシリーズ”を開発、発売。整列巻線の品質が大幅に向上。
STAシリーズ

1998年06月 マレーシアのNITTOKU PRECISION社(連結子会社)に資本参加し子会社とする。

ページの先頭に戻る

2000年~

2000年04月 中国・上海市に日特エンジニアリング株式会社上海事務所
(現:日特機械工程程(深圳)有限公司 上海分公司)を設立。
2000年10月 シンガポールに日特シンガポール社(現:連結子会社)を設立。
2001年08月
ISO9001-1994認証取得(UKAS、RAB)。
ISO9001-1994認証取得(UKAS、RAB)

2001年09月
台湾・台北市に台湾日特先進株式会社(現:連結子会社)を設立。
台湾日特先進株式会社(現:連結子会社)

2002年07月
中国・蘇州市に現地法人日特機械工程(蘇州)有限公司(現:連結子会社)を設立。
現地法人日特機械工程(蘇州)有限公司(現:連結子会社)
2004年04月
世界初ダイレクトドライブ方式の巻線機“ダイレクトスピンドル巻線機”を開発、発売。従来の巻線機を改革した製品となる。
ダイレクトスピンドル巻線機

2004年07月
チェコに日特エンジニアリング株式会社チェコ支店を設立。
日特エンジニアリング株式会社チェコ支店

2004年07月 中国・深圳市に日特香港有限公司深圳REP. OFFICEを設立。
2004年08月 ISO9001-2000へ移行
2005年06月 福島工場 (現:福島事業所)内に加工センターを増設。
2005年07月
中国・深圳市に現地法人日特機械工程(深圳)有限公司(現:連結子会社)を設立。
現地法人日特機械工程(深圳)有限公司(現:連結子会社)

2006年07月 福岡県糟屋郡粕屋町に福岡テクニカルセンターを開設。
2006年09月 福井県越前市に福井テクニカルセンターを開設。
2008年09月
株式会社コーセイ(現:日特コーセイ株式会社)を子会社化。
現地法人日特機械工程(深圳)有限公司(現:連結子会社)

2009年05月 長野営業所を東京支店に統合。
2010年03月 韓国に現地法人ニットク社(現連結子会社)を設立。
2013年04月 長崎県大村市に長崎事業所を設置。
2014年05月 株式会社コイデエンジニアリング(現:日特コイデ株式会社)を子会社化。
2015年05月 オーストリアに現地法人日特ヨーロッパ社(現連結子会社)を設立。

ページの先頭に戻る