メンテナンスツールのご紹介


購入いただいた設備のメンテナンスにお役にたてるツールをご紹介します。価格、納期については最寄りの営業拠点へお問い合わせ下さい。

最寄りの営業拠点の検索へ

スピンドル角度位置決め治具

【特徴】
定期メンテナンスや突発的トラブルで治具ホルダーの角度がずれた場合に、簡易的に角度の調整を行うことができます。 スピンドルの軸間距離(20、30、40、60、80mm)に応じて御用意しております。 簡易的調整を目的としていますので、さらに精度を出す場合は「治具ホルダー角度調整治具」を御利用ください。

スピンドル角度位置決め治具

治具ホルダー角度調整治具

【特徴】
治具ホルダー角度調整治具を使用する事により、ダイヤルゲージにて治具ホルダーの角度の確認および調整が可能となります。 「スピンドル角度決め治具」を使用する事により、作業の短縮化が図れます。 また、2個併用することで、簡易的な角度チェックが可能です。 (ダイヤルゲージはオプション)

治具ホルダー角度調整治具

ノズルホルダー芯出しゲージ

【特徴】
ノズルホルダーの出入と角度を簡易的に確認調整が可能となります。スピンドルの軸間距離(20、30、40、60、80mm)に応じて、御用意しております。

ノズルホルダー芯出しゲージ

巻治具芯組立台

【特徴】
巻線用治具本体と巻治具芯の組立に使用します。
治具本体との出入寸法と取付け角度を精度良く組付ける事ができます。
(治具本体と巻治具芯は含みません。)

巻治具芯組立台

ノズル出入りチェックゲージ

【特徴】
AN・NT機の定期メンテナンスとして、ノズル出入方向の確認を行うことが製品の品質を一定に保つためには不可欠です。 「ノズル出入りチェックゲージ」を使用することにより、ダイヤルゲージ用いた簡易的かつ精度の高い確認が可能となり、安定・高品質の巻線品質が保たれます。

【使用法】
AN・NT機の治具ホルダーに挿入するだけのワンタッチ脱着となっております。 測定法は、治具ホルダーに「ノズル出入りチェックゲージ」を挿入して、ノズルホルダーの出入りでダイヤルゲージの振れを見るものとなっております。

AN機用

NT機用

クズ線バキュームクリーナ「すいとりくん」

線材交換でこんな事有りませんか?
・つかんだ銅線、捨てたつもりが、枠の外へ。
・手の平で銅線まるめてゴミ箱へ。
・捨てる場所、無くて困ってポケットへ。
巻線周辺の環境改善に「すいとりくん」使ってみませんか。

【使用法】
圧縮空気をつなぐだけ、面倒な電気配線は不要。レバーを押し下げると、ダストボックスに吸引されます。 ぶら下げる事も、アルミフレームへの取付も。ダストボックスは簡単に取り外し可能。

【大きさ・重量】
100W×120D×210H(mm)1kg

すいとりくん

ページの先頭に戻る