製品情報

インダクションポンプ(リニア)噴流半田装置

端子がある製品の噴流と噴流半田ノズル

窒素ガス使用により酸化しない ノズル最大温度400℃

インダクション噴流技術のメリットと品質の安定化

  • 01半田材料品質の安定
  • 02半田温度の安定(ヒートバランスが取れオーバーヒートが無い)
  • 03半田カス(スラッグ)が少ない
  • 04対象物にカスが付着しない
  • 05静止槽半田より設定温度を低く出来る
  • 06峡ピッチ接合部分間のブリッジが無い
  • 07非接触ヒート
  • 08噴流ノズルにより角度を微細な半田接合部に合わせられる
  • 09半田位置が安定し、フィレット形状品質の再現性が有る

従来型ポンプとインダクションポンプとの構造比較

メカポンプ(1996年〜現在) インダクションポンプ(リニア) 誘導磁力はパイプ中心であり半田材方向に流動させる