微細・小型部品の精密加工、長距離高速搬送などに最適!
  • 巻線工程に
  • 切削工程に
  • 接合工程に
  • 塗布工程に
  • 接合工程に
  • 組立工程に

※ ご視聴いただくには、Windows Media Playerが必要となります。ご利用のPCにインストールされていない方は、右バナーよりWindows Media Player(無償)をダウンロードし、インストールしてからご視聴ください。

※ Windows Media は、米国 Microsoft Corporation の米国および/またはその他の国における登録商標または商標です。

LITsの特徴1 搬送上で精密加工

位置決めユニット

位置決めユニットにより位置決め精度を高めています。

これにより搬送上での精密加工が可能となります。

高速走行中でも安定した姿勢で移動でき、
キャリアの位置決めはメカ的に行うため、
リニアモータのように簡単に動くことはありません。

原理1

直動ガイド使用により
キャリアのXZ軸方向位置決め

直動ガイドの使用によりキャリアのXZ軸方向位置決め
原理2

位置決めユニットにより
キャリアのY軸方向決め

位置決めユニットによりキャリアのY軸方向決め

LITsの特徴2 高速水平搬送

高速水平搬送

サーボモータ制御による駆動により、スムーズな
加速移動・減速停止が可能です。

また、キャリアに衝撃のない状態でのワーク搬送、

ワークの飛びのない、なめらかな搬送を実現できます。

また、高剛性のため、高速でも振動なく搬送できます。

原理1

駆動にはサーボモータ採用

原理2

直動ガイド上に乗ったキャリアを
ベルト駆動により搬送[特許出願中]

LITsの特徴3 多目的&フレキシブル

垂直5000Nの負荷

※1 オプションのサポートユニットが必要です。

多種多様

最大5000N(垂直)までの負荷を
必要とする加工が可能です。

重荷重用:8LA 軽荷重用:5LA

柔軟設計

ピッチのバリエーションも豊富に用意しています。また、搬送ピッチ変更、連結ライン縦型ラインも可能であり、さまざまなご要望にフレキシブルに対応します。

搬送ピッチ変更※2[特許出願中]

連結ライン※3

縦型ライン※2

※2 カスタム生産設備での対応となります。  ※3 初期設備投資段階で対応します。(増設対応ではありません)

導入フロー

  • ヒアリング

    お客様の課題を掴み、ニーズをヒアリングします。

    (ヒアリング内容)ワーク形式、大きさ、加工工程(最大負荷荷重等)、
    必要生産数量に応じた必要軸数、生産環境など。

  • 開発・設計

    必要に応じて要素実験・試作を行います。ヒアリング内容を基に構想設計します。

    この段階でFAベースを決定します。実際の形へ具現化する為の詳細設計を行います。

    各段階に応じてDR(デザインレビュー)を実施します。

  • 資材関連・加工

    国内外調達ネットワークを駆使して迅速な資材調達に努めています。

    搬送部含めた設備の架台・ユニット部は自社加工センターにて、製缶加工、
    鋳物一体加工しております。

  • 組み立て・プログラム作成

    専門の熟練スタッフが、丁寧かつ迅速に組立します。

    システム構築に必要な骨組みプログラムと要素工法を盛り込んだ
    モーションプログラムを作成し、精密部品を扱う為に最適な機械動作を構築します。

  • 最終調整・納品

    社内にてプログラミング調整、ランニングテストを実施し、品質確認を致します。

    その後、お客様立会のもと最終確認をしていただきます。

    お客様工場にて据付・稼動確認をして納品とさせて頂きます。

  • アフターサービス

    消耗品も含め、良い設備を長く使っていただくのが私たちの願いであり、
    常にお客様と一体となって生産体制のフォローをさせて頂きます。

動作環境

仕様 LA8タイプ LA5タイプ
耐荷重
(キャリア1枚当り)
垂直方向
サポートユニット取付時
5000N (ただしキャリアセンター)
垂直方向
サポートユニット取付時
2000N (ただしキャリアセンター)
水平方向
サポートユニット取付時
100N・m
水平方向
サポートユニット取付時
50N・m
最大積載荷重(キャリア1枚当り) 15kgまで(標準キャリア重量含む) 6kgまで(標準キャリア重量含む)
保証期間 1年/連続稼働の場合は2000時間
使用環境
  • 周囲温度 10~40℃
  • 湿度 20~80%RH 非結露
  • 爆発性、可燃性、腐食性ガスが無く、塵やホコリが少なく、無風状態に近いこと。
  • 近くにノイズが発生する機会(たとえば溶接機等)が無く、半田機が近いときは換気できること。
  • 有機溶剤・白灯油・油・酸・アルカリ・紫外線・オゾン等に直接触れないこと。

システム構成

標準システム構成図(3連結時)

標準外システム構成例