ディスクロージャーポリシー

  1. HOME
  2. IR情報
  3. ディスクロージャーポリシー

このページは、ホームページをご覧の方に当社のディスクロージャーポリシーをより良く理解して頂くための解説ページです。

1. 情報開示の基準

当社は、国内外の株主・投資家の皆様をはじめとするすべてのステークホルダーとの長期的な信頼関係を構築するため、東京証券取引所が定める適時開示規則(以下「開示規則」という)の遵守のみならず経営環境の分析、経営方針や財務情報など投資判断に資する情報の開示に努めています。

2. 情報開示の方法

法定開示事項は、適時開示情報伝達システム(以下「TD-NET」という)を通じて、東京証券取引所のWebサイト(以下「取引所Webサイト」という)にて公開しています。
当社は、当社Webサイト(以下「ホームページ」という)を株主・投資家の皆様に対する重要な情報発信源のひとつと考えており、法定開示事項に該当しない情報についても、株主・投資家の皆様の理解に資すると判断した情報は、積極的かつ公平に開示してまいります。
ただし、ホームページには当社が開示している情報の全てが掲載されているとは限りません。また、他の方法で開示された情報とは異なった表現をしている場合もあります。

3. インサイダー取引の未然防止

法定開示事項は、TD-NETを通じて取引所Webサイトにて公開された時点で、インサイダー取引規制上の公表措置が完了いたします。
なお、法定開示事項および当社が投資判断に影響を与えると判断した重要な会社情報については、取引所Webサイトにて公開された後、速やかにホームページに当該情報を掲載いたします。

4. 沈黙期間

当社は、決算(四半期決算含む、以下同じ)情報の漏洩を防止し、情報開示の公平性を確保するため、決算期末日の属する月の16日から決算発表日までを沈黙期間としています。
沈黙期間中は、決算・業績見通しに関するコメントや質問への回答を差し控えることとしております。ただし、この沈黙期間中に業績予想が大きく変動する見込みが出てきた場合には、開示規則と独自の判断に従い適宜公表することとしております。

5. 第三者への情報開示と第三者による業績予想

当社は、機関投資家、アナリスト等とミーティングを実施する場合には、既に公開された事実、周知の事実、あるいは一般的なマーケット環境等の情報に限り言及します。
第三者が、当社に関するいかなるコメントや業績予想等を表明しても、当社が、それを支持することはいたしません。

6. 業績予想

当社が公表する業績予想につきましては、発表日現在において入手可能な情報および将来の業績に影響を与える不確実な要因に係る仮定を前提としており、当社として、その実現を約束する趣旨のものではありません。実際の業績は、株式市場の動向、金融市場の動向、経済の状況等のほか、様々な要因によって大きく異なる可能性があります。

7. その他

  1. ホームページは、当社への投資勧誘を目的としたものではありません。投資に関する判断は利用者ご自身のご判断において行われるようお願いいたします。
  2. ホームページの掲載内容については細心の注意を払っておりますが、掲載された情報の誤りやデータのダウンロードなどによって生じた障害などに関しましては、当社は一切責任を負うものではありませんのでご了承ください。
  3. ホームページは、当社が開示規則にしたがってTD-NETに開示している情報の全てが記載されていない場合、また他の方法で開示された情報とは異なった表現をしている場合もあります。
  4. 掲載作業の都合上、開示規則に従った情報のホームページへの掲載時期が遅れることもありますのでご了承ください。

お問い合わせはこちら